毎日の、楽しいこと


by song6for_hana

恋する神父


カトリックの神学学校に通う男の子と、アメリカ帰りの自由奔放な女の子の恋のお話です。

韓国のクリスチャンって、本当に熱心な人が多いんですよね。
日本で勧誘にあったことがあります。
すごく一生懸命に誘ってきて、断るのが難しかった…
異国の地で定着した宗教の方が、本国より熱心になるとも言いますが、熱心でした…

カトリックの宗派にはご縁がないので、神父さんになるための儀式とか、衣装とか、
ちょっと興味深かったです。
日本のカトリックでも、あんな感じなのでしょうか?

主人公の友だちは、主人公に言わせると「不真面目」なんでしょうけど、
彼の方がキリスト教を楽しんでいる感じがして良いです。

街に街灯を灯した時、
「神父さん、おれ、こうゆう風に街に光をつける方が好きなんです。神父になりたいかも。」
といったニュアンスのことを言っていました。
なんか、いいなぁと思いました♪
くそ真面目な神父さんより、気の抜けた神父さんの方が親しみやすそう★

アメリカ帰りというと、日本同様、自由な感じがするのですね。
別にアメリカ帰りじゃなくても、自由奔放な子はいるだろうに、
アメリカのname valueってすごいなぁ。

評価としては普通★
見ても良いんじゃない?ってくらいでした。
でも、不快になるたぐいの作品ではないので、暇つぶしにどうぞ♪
[PR]
# by song6for_hana | 2007-12-17 11:01 | cinema

猟奇的な彼女

久しぶりに見ました。おもしろい!
彼女の暴力&わがままっぷりが本当におもしろい!
完全に女の子の立場から描かれているところが、韓国映画のおもしろいところ☆

こんな女の子のわがままに付き合ってくれる人って、どんな人??
現実では想像できない!
でも、韓国だったらこんな人もいるのかな??と思ってしまうのが、自分でもおかしい。
韓国人の友だちとかいないからな。よくわからない。
それに、他の韓国映画でもあり得ないくらい優しい人が出てくるし。

香港の友だちは彼女にめっちゃ尽くしてる!
普通の女の子にだって超やさしい!

そうゆうのって、日本じゃ気持ち悪いって思われるか、うざがられるか…
中国の男の子に限らず、他にも留学生は「いま、何してるの~?」
と、暇さえあればメールを送ってくる人が結構いる。
でも、それは普通の友だち。

距離感が難しいんだよな~。
近すぎず、遠すぎず、微妙な距離感。

優しい男性を輩出できないのは、日本人女性にも原因があるのかも!?
警戒心が強い女の子が多いかも。
それって私の周りだけ?

でも、日本にだって優しい人はいっぱいいます★
彼女のわがままに付き合えるのは、やっぱり彼女のことが大好きだからなんだろうな。

猟奇的な彼女、草薙剛、田中麗奈コンビでドラマ化されるそうです。
どれくらい、猟奇的になっているのか楽しみ♪
[PR]
# by song6for_hana | 2007-12-14 12:06 | cinema

今日から冬学期

うちの学校は3学期制を取っているので、秋休みがあります。
11月の下旬に10日間ほどありました。

そして、今日から冬学期が始まります。

履修登録したものの、登録したのは2科目のみ。
今日の夜にシラバスとにらめっこです。
先生、シラバスアップするの遅いんだもん。

迷った末に、ようやく今学期どの授業を取るか決意しました。
そう、この決意が重要なんです。うちの学校では。
決意がないまま授業に臨んでもたいしたものは得られないし、成績も悪い。
悪くすれば単位だって落とします。

でも、そんなことはしたくない。
取るからにはしっかり勉強したいし、自分の興味とマッチし、好奇心をもって臨める授業を取りたい。
だから、先生、シラバスは、もっと早くにアップしてね。
c0101793_1364073.jpg

[PR]
# by song6for_hana | 2007-12-05 01:36 | diary

パンケーキの魅力☆

今日は、最近行ったパンケーキのお店について♪
もちろん、場所は吉祥寺。
吉祥寺より都心はわたしの行動圏外となりつつある、今日この頃です。

まずは、『はと時計』。
吉祥寺東急の裏の方にあります。
30年以上パンケーキ一筋なんだとか。
パンケーキも、そば粉、豆乳、プレーンなど様々な生地を選ぶことができます。
種類も豊富。女の子だったらランチになるほどのボリュームもあります。
c0101793_0525169.jpg

このバナナパンケーキは本当にボリュームいっぱい!
おやつじゃなくて、1食分は確実にあります。

c0101793_0535796.jpg

それに比べて、こちらの抹茶パンケーキは少ないボリュームです。(それでも十分あるとおもいますが)

ボリュームもあって、お腹減ったー!!と言う時にはおすすめです。
生地もほわほわしていておいしいです。


そして、ボリュームの点ではと時計と対照的なのが『Pancake Days』。
こちらはボリュームがない。
全くない。


ダイエット中の女の子におすすめw
パンケーキにかわいいスマイル君がついているので、小さくても許せるけど、小さい。
大きさは期待しないように。

でも、このパンケーキ屋さん、テイクアウトもできるので家でのんびり食べたい時におすすめ。
井の頭公園の出口近くにあるので、たいていお茶にしたい時間帯は混んでます。
c0101793_0585725.jpg

これはハンバーガーのパンケーキ版。
わたしはトマトが嫌いなのでトマトは抜いてもらっています。
これで400円です。
小さいけど、ハンバーグもみが詰まっている感じでおいしいです。
このハンバーグのチーズが固まっているみたいだけど、テイクアウトしたのでちょっと固まってしまいました。その辺は、おいしそうな感じを伝えられなくて残念。
できたてはとろとろのはず!

Pancake Days http://www.pancakedays.jp/
[PR]
# by song6for_hana | 2007-12-03 01:00 | sweets & cafe

加賀100万石の底力

11月最後の連休に、金沢に遊びに行ってきました。
とっても寒い!
金曜日は最高気温が9度…でも、風がなく湿気が多かった分、寒さはそこまできつくなかったように思います。

c0101793_20231413.jpg

でも、やはり9度。
だんだんと冷えてきます。
ふと気づくと自分が冷たい。怖いですね。気をつけなきゃ。

今回は1泊2日の強行日程。
でも、夜行バスで行ったので朝が早かったため、すいているうちに回れたのが本当に良かったです。
観光周遊バスの乗り放題パスを買ったのですが、連休で混むとの見通しもあり、今回は赤いラインの入った一般バスも乗車可能と言うことで、とってもラッキイでした。

時期的にとても良かったのが兼六園。
紅葉真っ盛りでとってもきれいでした。

金沢のことを何も知らずに来たので兼六園内の工芸館がとっても役立ちました。
特産工芸品についてよく知っている人にとっては面白くないかもしれませんが、初心者には導入としてgood★

湿気も多く、水がきれいなため、肌のきれいな方が本当に多い!
ちょっとしたおみやげ屋さんのおばさんの肌も、東京だったら相当いいお化粧品使ってるんだろうなーと思うくらいきれい☆
タクシーの運転手さんも、きれいな水と湿気の多い空気のおかげだと言っていました。

江戸時代の街並みを思い起こさせるような街づくりで、大きな通りと民家の小さな通りの差が激しい。
運転初心者には大変な街みたいですね。

人も良い人が多く、たくさんの人に親切にしてもらいました。ありがたい。

金沢、とっても面白い街だと思います。
住みやすそう!


やっぱり、自然、特に水の美しさって大切。
生活する上で、こんなに体に及ぼす影響が違うなんて知りませんでした。
今後何十年、東京で暮らしていくかはわからないけど、自分の体に一抹の不安を覚えます。
きれいな水で生活している方が、ずっと自然な美しさを長く保てるのでしょう。
東京の環境を良くするために、私も何か始めないと。
私に直接関係しているんだって、しみじみ感じました。
地球温暖化を懸念している人からすれば、動機は不純でしょうが、美しい自然、水を取り戻したい気持ちは一緒です。
c0101793_20221570.jpg

[PR]
# by song6for_hana | 2007-11-27 20:23 | travel
@府中市美術館

2007年10月13日(土)~11月18日(日)

入場料:一般 800円
     高校生・大学生 400円
     中学生・小学生 200円

レポート昨日のうちに書き終えることができたので、暇な時間が半日。
良いお天気だし、きれいな空気が吸いたくて、のんびりしたくて、
「郊外の美術館に行こう!」
と思い立って行ってきました。

c0101793_0115130.jpg


JR中央線武蔵小金井駅からバス。
東京の郊外は、人々の生活を感じさせます。

府中の森公園のすみっこに建っている美術館で、空気が良い。
美術館の周りには木もいっぱいあるし、テニスコートでテニスを楽しむ人たちの音とか、
少し離れた遊具で遊ぶ子どもたちの歓声とか。
並木道には公園を行き交う人がたくさんいました。
平日、水曜の午後にこんなに人がいるとは思いませんでした。

美術館も思ったよりお客さんが入っていましたが、ほどよい人数で見やすかったです。
キスリングって、知らなかったけど、とても印象的でした。

キスリングの描く女の人って、人形かマネキンみたい。
それに、画面から浮き上がって見えるんです。
彼はほほ、肌、唇、目のかき分けがすごくうまい。
特に唇。唇だけ見ていてもすごくたくさん描き分けられているから、おもしろい。
こんなに唇に注目して見た展覧会は初めて笑

それに、彼は赤を使うのが上手い。
赤が効果的に用いられていて、鮮やか。
派手すぎない、落ち着いた赤だから、心地よく視界に入ってくる。
印象的な絵にはほとんど赤が用いられていたかな。
もちろん、彼の自画像で着ていた服も赤でした。
赤が、好きだったんだろうな。

そして、彼の代表作の壁にはその赤が用いられている。
それも、展示としてとっても効果的でした。
絵がすごく栄えていました。

オルセー美術館ではマネの「オランピア」の壁が赤かったけど、それと同じ。
赤って、難しいけど、絵によってはすごく合う。

キスリングって、不思議な人だったな。
フィギィアみたいな、人形みたいな人間の絵を描く人。
現在、生きている人だったら、フィギュアが好きになっていたかな。

もし、この展覧会をもう少し空間のある部屋で催すことができたらもっと良かったと思う。
すこし、狭い感じもしたし、彼の絵は遠くから眺めることも必要だと思うのに、
部屋が狭いので少し近めで見なくちゃならなかったのは残念。
それに、空間がもっとあった方がもっと開放的に見ることができたかも。

それと、この美術館、教育活動も盛んらしく、府中の子どもたちはパスを持ってくればただで入館できるらしいし、学芸員による鑑賞授業ってゆうのもあるらしい。
市の美術館と市民が、近い距離にあることが感じられてとても良かった。
市民が集う公園内に建っているのもすごく良い。
府中の森公園って、本当にたくさんの人が集っているから。
「街の美術館、好き!」って言ってもらえるような美術館なんじゃないかな。
建物もクリーム色で、高さもないし、ガラス張りで中が少し見えるから、威圧感もなくて入りやすいんじゃないかな、と思います。
公園にとけ込んでる。

都心の有名な美術館もすばらしいけど、郊外の美術館も、生活の中の芸術を実践するという点で、負けてないな!と思いました。
[PR]
# by song6for_hana | 2007-11-15 00:32 | museum

夜長の秋に

最近、キャンドルにはまっていますw

においもたいしてないし、小さいキャンドルだから何ともないんだけど、
でも、ふとした瞬間にキャンドルの火を見ると安心します。

実家に薪ストーブがあるせいかな?
薪ストーブの炎は冬の団らんの象徴だし。
私にとって、家の中に灯される火ってゆうのは、家族を思い出させるから
安心するのかも。

火事にだけはならないように、気をつけます♪

c0101793_172027.jpg

[PR]
# by song6for_hana | 2007-11-14 01:07 | diary

歌舞伎役者の目

6時のニュースで、舞台制作の記者会見の様子を報道していた。
市川海老蔵が座長となるそうだ。
歌舞伎役者の記者会見が芸能ニュースとして報道されるようになったんだから、海老蔵の手柄は大きいのかもしれない。

でも、今回気になったのはそういったことではなく、海老蔵の目だ。


以前、フジテレビで『名門にうまれるということ 市川海老蔵、宿命と苦悩の物語』(2007年10月14日)という特集を流していた。
たまたま発見したので全部見てしまった。
パリ・オペラ座で初舞台を行った時の海老蔵を追った作品だった。

その時、海老蔵の小さい頃の写真なども出てきたのだが、あまり目が大きくない。
生まれつき目が大きいというわけではなかったようだ。

それなら、なぜ、彼の目はあんなに大きいのか、
理由を挙げるとしたら、歌舞伎の稽古だろう。
歌舞伎において表情はとても大切で、とてつもなく大きな表情を作る。
もちろん目だって、これでもかと言うくらいに開く。

この稽古のおかげで目が大きくなったんじゃないのかな。
父親の団十郎も同じような目をしているし。
形、大きさ、そっくりだと思う。


と言うことは、私の理論もあながちはずれてはいないということだ。
わたしは少し前に、目をもっと大きくしたくてなるべく大きく開けるようにしていた。
そしたら、目が大きくなったような気がしたのだ。
それは単に、ゆるんでいた筋肉がしっかり目を開けるようになったというだけのことかも知れない。
でも、眼球の大きさなんて関係ない。
まぶたがどれくらい開くかで、外に見える眼球の大きさは決まるのだから。

私の理論を友だちに教えた時「何言ってるの~!」と、
笑いばなしになってしまったが、机上の空論じゃなかった。
彼が証拠になるかも。

ちょっと嬉しくなっちゃいました笑
[PR]
# by song6for_hana | 2007-11-12 20:42 | diary

恋空~セツナイ恋物語~

最近話題の携帯小説。
新垣ゆい主演で映画にもなっているみたいですね。

ベストセラーとなり相当売れているのだとか。



わたしの姉がこの本を買って、はまったらしくわたしにも貸してくれました。

「すごいはまるよ~」

と言って貸してくれたのですが、わたしには合いません。



一文、一文がとても短いし、主人公が回想っぽく語っているのですが、それがまた歯がゆい。

一文が短いってゆうのは携帯から始まった小説だからでしょうか。
一文が長いと、小さい画面では読みにくいし。
詩みたいに短い文章の方が、「恋物語」という内容にあっているのか。
最近の子は(わたしだって最近の子ですが笑)恋物語に憧れるのは専ら漫画かドラマ。
舞姫、雪国、伊豆の踊子などなど、明治の文豪の淡い?恋物語には、つらつらと書き下した文章が視覚的にもあっている。
でも、今の子が思い浮かべる短絡的な恋に長い文章は合わないんだろうな。

‘かっこいい’→‘好きかも’→‘付き合いたい’→‘告白してみよう!’

うん。この思考回路に長い文章はいらない。
むしろ短い方が、心情と近い、臨場感があるといったところでしょうか?

かくゆう私も、長い文章が苦手です。
読むのは良いけど、自分の感情、もしくは状況を描写するのが苦手。
人のこと、いえませんけど。

それに、主人公がやけにかわいい、言い子な感じも気に入らない。
主人公はかわいくてしかるべきなのでしょうが
「私のせいかも」「私があんなことしたから」「私が…」「私が…」
と、全ての原因を自分に持っていっている点も気に入りません。
悪い状況を作り出した原因が少しでも自分にあるかもしれない、その上人に迷惑をかけていると感じたら私でも「私のせいだ…」と落ち込んでしまうこともあります。

でも、この主人公、その頻度が多すぎる。
いい子すぎる感じがして、私は好かない。
ひねくれ者の戯言かもしれないけど、私には自分中心に考えすぎている、妄想壁のある人としか思えない。


下巻とか、もううんざりしてほとんど読んでない。
ぱらぱらっととばし読みして、「ああ、やっぱりこんな結果か。」と、納得。

恋に恋する人には、波瀾万丈で良いのかも。

でも、わたしはこんな恋はいやだな。
もっと違う恋がいい。
[PR]
# by song6for_hana | 2007-11-11 20:26 | books

前進座

母に誘われて、吉祥寺で始めて前進座の公演に行ってきました。

とっても小さい劇場で、とにかく観客の年齢層が高い!
わたし、一番若い?と思ってしまうほど。

おむすび、おいなりさん、どら焼きetc...売っているものも和風で新鮮★

演目は
《俊寛》と《人情一夕ばなし~子はかすがい》 でした。

第一部は《俊寛》
台風27号直撃のなか吉祥寺を練り歩いていたので、疲れてしまった上にストーリーがよくわからない。
寝ました。見たのは最初の30分と最後の10分。
でも、計40分でしたが、つまらなかったから、良いことにします。

第二部は演劇。
小学1年生の子役が、これまたかわいい!
高い声でしゃべるたびに、場内がざわめく。だって、かわいいんだもん♪
あの子が出ていなかったら、こんなに盛り上がらなかったかも★
これはこれで年の功??
小さい子って、どこにいてもかわいい♪

日本の芸能も悪くない。
もっと色々見てみたい。
[PR]
# by song6for_hana | 2007-11-02 00:19 | performing arts